×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PR:一大ブームを巻き起こした、「嫌韓流」の第4弾がついに発売!!


「北斗の拳」に学ぶ - 第4巻 P30〜43 身内が殺されても村全体の利益を優先するリーダー -

このサイトでは、「北斗の拳」からの引用部分は枠内部分に記述し、その前後に解説と私見を加えてます。



マミヤは女性だが村のリーダーである。村は貴重な資源である水が豊富に出るため、常に野盗に狙われている。

マミヤの弟コウが野盗につかまってしまった。村のメンバーはコウの救出を試みるが、マミヤは反対する。「やつらにつかまったのはコウに逃げ切る力がなかったから!!そんな男のためにあなたたちまで犠牲になることはありません!」と、村全体として犠牲者数を最小限にすることができた。

たとえ身内が殺される場合でも、村全体の利益を優先するマミヤ。当然身内が殺されて悲しい感情は存在するが、人前では決して表現しない。まさにリーダーにふさわしい人物である。
第4巻 P30〜31
第4巻 P32〜33
第4巻 P34〜35
第4巻 P36〜37
第4巻 P38〜39
第4巻 P40〜41
第4巻 P42〜43



■引用書籍

北斗の拳 (1)〜(16)
原作:武論尊 漫画:原 哲夫
PR:間違った歴史認識を正していく、櫻井よしこ編纂の【日本よ「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く】発売中
■リンク
スイス政府「民間防衛」に学ぶ
「加治隆介の議」に学ぶ
PR:是非読んでもらいたい本です 偏なテレビの直し方―日本をダメにした久米宏と筑紫哲也