×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PR:一大ブームを巻き起こした「嫌韓流」の第4弾がついに発売


スイス政府「民間防衛」に学ぶ - われわれは威嚇される / 小鳥を捕らえる罠 -

このサイトでは「民間防衛」からの引用部分は枠内部分に記述し、その前後に解説と私見を加えてます。 枠内は背景色で「黒:敵の策略」「白:敵の策略からの回避方法」と区別しています。




 上は敵国のメディアによる報道です。これは本当に宇宙船ができたわけではなく、ただのハッタリです。下では科学技術の進歩は喜ばしいこととしても、それの真偽を見分けることが必要と書いてあります。特に全体主義、共産主義国家は「国ぐるみでのハッタリはよくあること」ということを理解しなければなりません。
 そういえば、最近も「中国が有人宇宙飛行に成功」なんて中国自身が報道してましたが、あれは本当なのでしょうか?かなり疑わしいと思います。
スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 /  「民間防衛」より引用 P242
われわれは威嚇される

宇宙における新しい勝利
 X国によって発射された新宇宙船は永久に飛び続けることができる。ロケットによって補給を受けるので、ほとんど無限の飛行継続を保証されている。これによって、宇宙飛行士が長期の宇宙旅行を行うことのできる日が近づいたのである。宇宙船の建造者ポメール教授は、記者会見で、彼の作った機会は技術進歩の上で人類を前進させるから、平和のために大きく役立つだろうと説明した。また、教授は、やがて労働者階級が宇宙で休暇を過ごすことができるようになるだろうと述べた。

 このようなニュースは、平和的な人々の気持ちを乱すものだ。このような力の誇示は、小国を不安にさせる。小国はどうして超大国から自分を守れるだろうか。
 
敵国の攻撃に対する、スイスの回避策 /  「民間防衛」より引用 P243
小鳥を捕らえる罠

 よく考えてみよう。あらゆる進歩は、それが何によるものであっても、自然に対する人類の勝利をしるすものである。
 科学的発見は、それを成し遂げた名誉を持つ国だけにかかわることではない。われわれはみな人類に属するのであり、発見は、われわれ全部に関係することなのである。
 知識の上でわれわれを前進させることに貢献した人々に、拍手を送ろう。
 しかし、また、本物と偽物を見分けることを学ぼう。大国が科学的研究のために、信じられないほどの巨費を投じているのは、平和に役立たせようという意図によるものではないことは確かだ。それは、軍事的防衛の領域で他国に置き去りにされまいとする意図によるのである。
 全体主義国の労働者階級はやがて宇宙で休暇をすごすことができるなどと言われても、だまされないようにしよう。
 今日、その労働者階級に与えられている生活条件の実態をよく見、そして、われわれの、この大地の上でのくつろぎと自由の幾日かを、彼らも持てるようになることを祈ろう。
 理論は、それが生み出す結果に基づいて判断しよう。
 小鳥を捕らえるワナに、われわれは、おびき寄せられないようにしよう。
まあ、北朝鮮自身が「北朝鮮の労働者は豊かな生活」と言っても、日本人はもう信じないですけれどね。でもちょっと前までは、日本のマスコミは北朝鮮の実情をひた隠しにしてました。怖いですね。




■引用書籍

PR:間違った歴史認識を正していく、櫻井よしこ編纂の【日本よ「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く】発売中

■リンク
「加治隆介の議」に学ぶ
PR:是非読んでもらいたい本です 偏なテレビの直し方―日本をダメにした久米宏と筑紫哲也