×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スイス政府「民間防衛」に学ぶ - スイスが分裂していたら / スイスが団結していたら -

民間防衛を購入する

←前のページ
TOPページに戻る
次のページ→

 上は欺かれてしまったスイス国民自身によって、敵国支援の社会進歩党を選挙で選んでしまったことの悲劇。下は、それに欺かれないスイスです。
 日本でも「平和の実現」を公約にしてますね→社民党。社民党は敵国勢力です。それでは、民主党はどうでしょう?旧社会党が衰退して、かなりのメンバが民主党に合流しています。民主党党首は中国や韓国よりの外交政策です。また民主党は、外国人参政権も民主党は支援しています。公務員の国籍も外国人にも認めようとしています。日本国民はだまされてはいけません。
スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 /  「民間防衛」より引用 P266
スイスが分裂していたら

 社会進歩党の機関紙の記事:

 事態は急速に発展している。わが党は、スイスを取り巻く諸国と平和を実現するとの公約に忠実に精力的な活動を続けている。スイスの二つの州における最近の選挙で、わが党の同志は過半数を獲得した。それは、最終的勝利への第一歩である。
 他方、進歩的な外国とわが国との間でいずれは調印すべき条約の締結を早めるため、わが党の同志は、外国に亡命政府を打ち立てて、条約締結の交渉にあたることになった。ベルンの傀儡政権が、このような企ては違法だと言ったところで無駄である。この計画が実現しつつある現実を見よと言いたい。
 現在のエセ政権は現在われわれが置かれているこの無秩序を解決できないということが、最終的に判明したときこそ、われわれの同志が国外からスイス領土に呼び込まれ、スイス周辺諸国でとったのと同様の行動を展開してくれるだろう。
 スイス国民の幸福のみを願う諸国のスイス国民に対する完全な保護を、今はただちにわれわれの同志がもたらすことができなくても、それは、われわれの同志の誤りによるものではない。

 スイス国民の消極的な態度には、いらだたしいと言わざるをえない。彼らは、われわれに見方しないて、単にみずからを運命の手に委ねているかのごとくである。
 
敵国の攻撃に対する、スイスの回避策 /  「民間防衛」より引用 P267
スイスが団結していたら

 全体主義諸国による大規模な“平和攻勢”において、彼らは、スイス国民の幸福を願い、また、人類の、より一層の幸福と安全のために、われわれと協力しようと言っている。全てが結構ずくめである。われわれは、世界の全ての国と平和に生きること以上に、何を希望することもない。しかしながら、われわれの知っているこれまでの経験は、われわれ自身の運命を他人に再びまかせてはならぬ、ということを教えてくれる。
 われわれに対して、外国から次のような呼びかけがある。
 まず、スイスの兵士をそれぞれの家庭に帰そうではないか。国境に集結していても無駄ではないか。家庭に、なすべきことが待っている、と。
 これに対して、われわれは次のように答える。
 それはわれわれ自身の問題で、他国の知ったことではない、と。
 また、われわれは、“平和の戦士”を裏切者と考えぬように、という強い圧力を受ける。これに対して、われわれは、“平和の戦士”なるものが、わが国の法と制度を尊重する証拠を見せてくれるのを待つこととする。われわれは、スイスの絶対中立主義に反する同盟は、いかなるものも外国との間で締結するつもりはない。
 われわれは。また、自分自身の都合次第で、つまり、自分に都合がいいか不都合であるかに基づいて外国に干渉するつもりは、全くない。われわれのコップは小さいが、それで結構だ。われわれは自分のコップを使って水を飲む。大国と大国との間の紛争は、大国が自分たちで解決して欲しい。われわれ自身の問題の解決には、大国は口を出さずに、われわれ自身による解決にまかせて欲しい。
 われわれは、外国による後見人は、どのようなものも受け入れない。われわれは、スイス国内に“外国人の裁判官”を持ちたくない。
繰り返しますが、外国人参政権を与えようとしている民主党は日本国民のことなど考えていませんから。
あと、「平和」を目指すのはみんな同じで、自衛隊をなくすことが平和の実現ではないですから。


←前のページ
TOPページに戻る
次のページ→

PC版 http://nokan2000.nobody.jp/switz/